プラダのカナパトート、こうすれば高価買取OK

プラダのカナパトートといえば、バッグの正面に「PRADA MILANO」と書かれているキャンバス地のほかにもさまざまな素材で作られている、親しみやすくおしゃれな人気のバッグです。カナパというのは、もともと素材として使われていた、ヘンプ麻のことです。一般的な麻より吸収性が高く、とても丈夫な布地です。イタリアでは古くから織物として作られていました。カナパトートは、こうした生活に馴染みやすい素材で作られたものがほとんどで、デニムやハラコ、ラパン素材のほか、ビジューやスタッズ付きといった目を引くアイテムや、カラーバリエーション、布地の柄も迷彩柄やボーダーのほかさまざまなプリント柄のものが豊富に作られています。

バッグのサイズも、小ぶりなminiサイズ(約 縦20cm×横28cm×マチ15cm)、Mサイズ(約 縦23cm×横36cm×マチ22cm)、Lサイズ(約 縦25cm×横41cm×マチ25cm)と3段階が揃っています。miniサイズとはいえ長財布やポーチといった必需品の収納は可能なので、なかなか容量があります。もっとも人気の高いMサイズは、A4サイズが楽に入る大きさで雑誌なども入れることができます。2つのファスナーポケット、のほかオープンポケットもつけられており、デイリーに使いやすい仕様になっています。カナパの中で一番大きいLサイズは、旅行やジム通い、ママバッグなどにも使える大容量サイズです。Mサイズと同様、2つのファスナーポケットのほかオープンポケットもついており、小物類の整頓にも役に立ちます。

そんなバリエーション豊かなカナパですが、下取りに出すことを考えている方がいれば高価買取をしてもらうにはどういった条件が必要なのかをお伝えしましょう。カナパトートは、新規購入時はストラップが別添えで付けられており、ショルダーバッグとして使うことができるようになっています。こういった付属品のストラップのほか、購入証明書やギャランティーカードのような付属品が揃っているほど、高価で買取される確率が高くなります。断捨離の際に捨ててしまわないように大切に保管しておくことが大切です。